コンテンツへ移動

「iOS」カテゴリーの投稿

11
7月

[file-713]「再生速度を速めても自然に聴けるオーディオブックの可能性」- 新しい書籍のカタチ(284)

7月11日(木)「再生速度を速めても自然に聴けるオーディオブックの可能性」8:26/MP3

音声の概要:

NHK出版からリリースされているアプリ「語学プレーヤー」に搭載されている「話速変換」を紹介します。NHKエンジニアリングシステムが開発したテクノロジーが採用されており、音声の再生速度を速めても、違和感のない自然な声で聴くことができます。App Storeでダウンロードできますが(無料です)、有料のコンテンツを購入しないと有効になりません。
手順は以下のとおりです。

  1. アプリを起動して、[語学ライブラリ]をタップ
  2. コンテンツが表示されますので、1つ購入します(450円から)
  3. 購入後、[情報/設定]をタップ
  4. [ボタンについて]をタップ
  5. [初期状態]をオンにします
  6. この後は、自分の音声を取り込んで聴くことができます

.

※注意:Google Playにも「語学プレーヤー」がありますが、この機能はまだ搭載されていません。今のところ、iOSだけです。

参考:

語学プレーヤー.

 

登録方法:

コミュニティ・更新情報:

過去の配信リスト(1週間分):

過去の音声アーカイブは「日刊徒然音声雑記」の「eBook – 電子ブック」カテゴリにまとめています。

28
3月

[file-675]「ハイレゾリューション・ウェブのイントロダクション」- 新しい書籍のカタチ(246)

3月25日(日)「ハイレゾリューション・ウェブのイントロダクション」- 新しい書籍のカタチ(246)」10:26/MP3

音声の概要:
3月16日、新しいiPadが発売されました。19日のプレスリリースでは、販売台数が発売開始から 300万台を突破したことを伝えています。電子出版関係者が注目していたのは「Retina」ディスプレイでした。Retinaディスプレイは、2010年6月24日に発売されたiPhone 4で最初に採用され、326ppi(3.5インチIPS液晶/960×640ピクセル)の高精細な表現を実現していましたが、新しいiPadのような大騒ぎにはなりませんでした。

9.7インチのRetinaディスプレイによって、現在のコンテンツ(ウェブ、電子書籍など)はどのような影響を受けるか? 電子出版関係者だけではなく、ウェブサイト構築に関わる人たちにとっても最大の関心事です。

.

サンプルで使用しているCSS3のモジュール:

メモ:

参考:

.

コミュニティ・更新情報:

過去の配信リスト(1週間分):

過去の音声アーカイブは「日刊徒然音声雑記」の「eBook – 電子ブック」カテゴリにまとめています。

2
3月

[file-674]「電子書籍のUD:読書をする前に「使い方」を理解しなければいけない」- 新しい書籍のカタチ(245)

3月1日(木)「電子書籍のUD:読書をする前に「使い方」を理解しなければいけない」- 新しい書籍のカタチ(245)」9:04/MP3

配信ファイルはMP3です

音声の概要:
Kindle for Androidがアップデートし、ピンチイン・ピンチアウトでテキストのサイズを変更できるようになりました。読書しながら、線を引いたり、メモをとる人たちにとっては、待望の機能。線を引く場合、行を指で選択しなければいけませんが、文字が小さいと誤操作してしまう可能性が高くなってしまいます。「読みやすい文字サイズ」と「選択しやすい文字サイズ」は必ずしも一致しませんので、線を引く度に、メニューから選択することになってしまうのです。ピンチイン・ピンチアウトで同様の操作が可能になると、かなり楽になります。

さて、このようにリーディングシステムは、日々改善されているわけですが、アップデート時に「どこが改善されたのか」確認しておかないと、新機能や改善点に気づかないまま使うことになってしまいます。更新履歴はいつでも参照できますが、一般ユーザがわざわざ調べるとは思えません。また、同じKindleアプリでもiOSとAndroidでは、異なる機能が多々あります。たとえば、ピンチイン・ピンチアウトによるテキストサイズの変更機能はAndroid版だけで、iPad版にはありません。逆に、iPad版に搭載されている段組み表示機能は、Android版に備わっていません。

電子書籍で快適に読書するためには、ある程度「使い方」の学習が必要です。
電子書籍ストアのアカウント登録から、アプリ(リーディングシステム)の操作方法まで、PCをあまり使ったことのない人にとっては軽視できない教育コストになります。

音声の参考:

.

Kindle for Androidのページ

.

Kindle for iPadのページ

.

コミュニティ・更新情報:

過去の配信リスト(1週間分):

過去の音声アーカイブは「日刊徒然音声雑記」の「eBook – 電子ブック」カテゴリにまとめています。