コンテンツへ移動

2012年2月19日

EPUBとデジタル著作権管理(DRM)

投稿者: monkeyish2010

暗号化されているEPUBファイル

暗号化されているEPUBファイルは、(当然ですが)鍵を持っているリーディングシステムでしか開くことができません。下図は、iBooks(右)とDL Reader(左)のエラー画面。EPUBはオープンなフォーマットですが、鍵がかかっているものは閲覧環境が制限されます。

暗号化されているEPUBを開く

.

OPFファイルやMETA-INFフォルダ内のXMLファイル(container.xml、encryption.xml、rights.xml)は、書誌情報などが記載されていますので、暗号化されていません。

暗号化されないファイル

.

上記以外のファイル(XHTML、CSS、その他)は暗号化されており、ウェブブラウザで表示することもできません。

暗号化されているファイル

.

暗号化されたEPUBファイルの複製は可能ですが、(中のXHTMLファイルを取り出しても)読むことはできません。この仕組みがあるから、電子書籍化の許諾を著者から得られるというケースも少なくありません。一方、2月19日のPodcast「資料として10年、20年保管しておきたい本は電子書籍で買うべきか?」でお話したように、将来読めなくなる可能性は否定できません。
商業出版では、DRMを「悪」と決めつけることはできませんが、(強いDRMが必要な場合は)PCのアプリケーションソフトのように時代とともに廃れ、新技術で再生されていくデジタルデータであることを明確に提示していく必要があるかもしれません。

.

弱いDRM(Social DRM)

弱いDRMについても紹介しておきます。弱いDRMは、購入者の利便性を重視し、電子透かしを埋め込んだり、購入者の名前を付加するなど、抑止効果による著作権保護。デザインやウェブ関連の書籍を発行している、バークレー (カリフォルニア州)の出版社「ピーチピット(Peachpit)」は、電子書籍(EPUB、PDFなど)に弱いDRMを適用しています。詳細は「Watermarked eBook FAQ」を参照してください。

Watermarked eBookの例:

PDFの場合は、全てのページに購入者の名前が記述されます(電子書籍を購入する際、名前、メールアドレス等の入力が必要)。

Watermarked eBook(PDF)

.

EPUBの場合は、OPFファイルのtitleに購入者の名前が追加されます。

Watermarked eBook(EPUB)

.

iBooksの表示画面です。タイトルが長いのでランドスケープモードにしないと表示されませんが、追加されている購入者の名前が確認できます。

iBooksの表示画面

.

DL ReaderではEPUBのメタデータを表示すると、確認できます。

DL Readerの表示画面

.

更新日:2012年2月23日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

注: HTML が利用できます。メールアドレスが公開されることはありません

コメントの購読

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。