コンテンツへ移動

2011年11月9日

Koboが構想するソーシャル・イーリーディング・エクスペリエンス

投稿者: monkeyish2010

kobo

過去に配信されたPodcastアーカイブです。

2月18日
「Koboの読書ログ(パーソナルタイムライン)とソーシャル・イーリーディング・エクスペリエンス」

今年の2月、EPUB対応のリーディングシステムを検証していて、最も(新しい読書の)可能性を感じさせてくれたのが「Kobo」でした。ハードウェア(読書端末)は垢抜けないイメージがあり、十分に訴求できていなかったと思いますが、リーダーアプリケーションの設計思想が他社より一歩リードしており、読者のアクティビティログを効果的に扱った唯一のプラットフォーマーだったのです。
来週のPodcastでソーシャル・イーリーディング・エクスペリエンスについて再考する予定ですが、今年の2月に配信したKoboの初期のプランニングについて振り返ってみたいと思います。
※以下のScreencast、スライド資料は2月のものです。古い情報が含まれていますのでご注意ください。

 

 

スライド資料(2月に公開)
[eBook Reports 003]ソーシャルイーブック・エクスペリエンス[1]

参考:

Reading Life

投稿日:2011年11月9日
※掲載されているスライド資料、Podcast(スクリーンキャスト)は、2011年2月に作成したものです

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

注: HTML が利用できます。メールアドレスが公開されることはありません

コメントの購読

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。