コンテンツへ移動

のアーカイブ

17
10月

[file-667]「電子雑誌の設計とインタラクションデザイン/事例:デザインプロダクション「ポーション」」- 新しい書籍のカタチ(238)

10月17日(月)「電子雑誌の設計とインタラクションデザイン/事例:デザインプロダクション「ポーション」– 新しい書籍のカタチ(238)」3:38/MP3

「Potion」のサイト

音声の概要:
「ウェブマガジン、電子雑誌の再定義」をテーマに議論するグループからのレポートです。
New York Public Library(NYPL)が、5月17日にリリースしたiPad向けアプリ「ビブリオン:ザ・バウンドレス・ライブラリー(Biblion: The Boundless Library)」のインタラクションデザインが取り上げられました。このアプリは、ニューヨークのデザインプロダクション「ポーション(Potion)」が設計、開発しています。ページネーションは採用せず、1画面でページの構成要素すべてを表現しています。

スクリーンキャスト:

参考:「Potion」のサイト

過去の配信リスト(1週間分):

過去の音声アーカイブは「日刊徒然音声雑記」の「eBook – 電子ブック」カテゴリにまとめています。

10
10月

[file-666]「IT系書籍の電子版はなぜEPUBとPDFをセットにしているのか?」- 新しい書籍のカタチ(237)

10月10日(月)「IT系書籍の電子版はなぜEPUBとPDFをセットにしているのか?」- 新しい書籍のカタチ(237)」8:36/MP3

O'Reilly Media

音声の概要:
仕事の資料のために買っている本は、IT系の技術書が大半ですが、昨年から少しづつ電子版が増え、現在は発売と同時に買えるようになりました。電子版はKindle StoreやApp Store等の大手ストアでもリリースされますが、私はいつも出版社のサイトで購入しています。理由は、複数のフォーマット(EPUB、PDFなど)がセットになっているからです。なぜ、複数のフォーマットが必要なのか?

スクリーンキャスト:

過去の配信リスト(1週間分):

過去の音声アーカイブは「日刊徒然音声雑記」の「eBook – 電子ブック」カテゴリにまとめています。

7
10月

配信されたEPUBファイルをiTunes以外で開く方法(iOS, Android)

EPUBファイルは、以下の方法で開くことができます。

.

iOSの場合:

※iOS5の解説です。他のバージョンでは多少、画面が異なるかもしれません

  • iPhone 4を使用

[1]リンクをタップします

[2]アプリケーション指定のページが表示されますので、右上の[iBooksで開く]をタップします

メーラーの画面

.

[3]ダウンロードが開始し、自動的にiBooksで開きます

iBooksの画面

.

Androidの場合:

Androidには、さまざまなEPUB対応リーダー(アプリ)があります。 大半の海外製アプリは、日本語の可読性について考慮されていないため、検証を実施しています。今のところ、推奨アプリとして「OverDrive」をお奨めしています(検証はまだ継続中で、日本語のリーダビリティが高いアプリを順次、追加していきます)。

[1]リンクをタップします

[2][アプリを選択]のメニューが表示されますので、[OverDrive Media Console]をタップします

メーラーの画面

.

[3]ダウンロードが開始し、OverDriveのメニューに登録されますので、サムネイルをタップします。EPUBファイルが開きます

アプリの画面

EPUBファイルのページ表示画面

.

デスクトップ環境の場合:

読みやすい日本語を表示してくれるリーダーがまだないため(特に、Windows環境で)、ウェブページ版を用意する予定ですが、Adobe Digital Editions 1.8.xであれば、ある程度の可読性は保証されます。

  • Adobe Digital Editions 1.8 Preview
    ※まだ正式版ではありませんが、現在のバージョンは日本語の表示に適さないため、 バージョン1.8以降を推奨しています

デスクトップ環境については、ブラウザ上で閲覧してもらう方針で検討中。Windows環境で、読みやすい日本語フォント表示を実現したリーダーがリリースされ次第、追加記載したいと思います。

Digital Editions 1.8の画面

Digital Editions 1.8の画面

Digital Editions 1.8の画面

.

補足:

[Graphics]フォルダの内容:

レポートに使用したオリジナルの図版データ(PSDファイル・CS5のAIファイル・JPEGファイル)が入っています。CCライセンスです(非営利でしたら、社内プレゼン、学校の授業等、改変自由、活用してください)。

フォルダ内のファイル画像

 

.

[EPUB_Data]フォルダの内容:

EPUBファイルと素材データ(テキスト、図版など)が入っています。XMLファイルは、iBooksでフォント指定を有効にするためのもの。今回は、まだEPUB3.0で配信できないため、Dreamweaverではなく、Sigilにデータを流し込んでいます。EPUBファイル内のコードは、Sigilが生成する仕様に依存しています(Sigilが自動的に追加する要素やプロパティがあります)。

フォルダ内のファイル画像

.

投稿(更新):2012年2月1日